無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

クレジットカードの契約について

クレジットカードの契約には、自社割賦契約と第三者クレジット契約という形があります。販売店と消費者が直接契約を交わすのが自主割賦契約、間に信販会社が入るのが第三者クレジット契約といい、この契約方法が現在は主流になっています。自主割賦契約は、販売店と消費者が直接契約を結ぶものです。消費者は、販売店に代金を分割で支払います。この自社割賦契約が以前は主流でした。信販会社が消費者と販売店のあいだに入ると、商品の販売代金は信販会社から販売店へ一旦支払われ、その立て替えてもらった金額を購入者が分割などであとから支払う形になります。これが第三者クレジットカード契約です。この契約を締結するためには、信販会社の審査に通らなければなりません。申込む際に個人情報をいろいろと申告しますが、これをもとに信販会社が審査を行い、通った場合には信販会社と消費者のあいだで契約書を交わします。契約書の確認と保存は重要です。のちのち、支払いについてなんらかのトラブルがあった時に契約書があれば役に立つことがあります。契約書は、契約商品や金額に間違いがないかどうかや、契約内容をよく確認した上で交わしましょう。そうすれば知らずに多く支払いすぎるという事も避けられます。

 

引越し料金の価格を調べる
引越し料金の適正価格を知るには一括見積もりが便利!